内科医は特に転職サイトを利用しよう


先生の中でも、特に内科系の専門をお持ちの方は、かなり恵まれているといえます。
これは、患者さんが始めにかかるのが内科であることが極めて多いためです。

頭が痛い、胃腸の調子が悪いといった場合に、はじめに直接脳神経系や消化器専門の外来へ相談に来る人は少ないですし、そのルートもそんなに用意されてはいなかったりします。

救急外来の患者さんのうち大多数が敬称であることからもわかるように、まず多くの軽症の患者さんが存在し、そして大抵それらの患者さんは内科にかかります。

このため、内科医は最も数が多くなくてはいけないのですが、現状やはり内科においても人材不足が否めません。
そのような事情から、内科というフィールドにおいては、特に医師の求人が充実しているという背景があるのです。
「内科医は需要が高い」、これは覚えておいて損はありません。

(日本内科学会:http://www.naika.or.jp/

求人を求める先生の種類もさまざま


内科の求人に限ってみたとしても、求められているスキルや募集条件などはさまざまです。

  • インターンの段階で後期の研修場所の参考に来る方
  • レジデントとしてよりよい現場を探す方
  • 専門医資格をもっており、より充実したフィールドを求める方

などさまざまです。

こうしたすべての幅広いケースに対してコンサルタントはそれぞれの解決策を提示していきますが、そのバックボーンとして過去に転職に成功した例、そして失敗した例がそれぞれのケースごとにベストプラクティスやナレッジとして蓄積されています。

このため、これらをうまく活用しつつ相手先の病院の内情まで詳しく調べ上げた上で、転職先を決めていくことができるというのがコンサルタントを活用する利点でもあります。

  コンサルタントを活用した医師の体験談

内科医は中でも引く手あまた


内科医についてもう少しだけ触れておくと、この内科医というフィールドでは、女性も多く活躍できるという点があります。
医師の募集傾向として、意外にも非常勤でいいから週何回程度、といったものまであるのが内科医のフィールドです。
外科医ではこうは行きません。

ひとえに、これは時短労働をはじめとする女性的な働き方もうまく活用できるということにほかなりません。
さまざまなワークスタイルが職場でも認められているこうしたフィールドであるからこそ、勤務条件などの交渉も容易にいく背景があります。
そして、ひとつがだめでも選べる選択肢が無数にあるため、非常に自分に合った職場を探しやすいといえるでしょう。