1. 体験談③転職の決め手はキャリアアップ

体験談③転職の決め手はキャリアアップ

キャリアアップを目指す医師は多い


医師の募集を探す先生方の多くの理由としては、キャリアアップが挙げられます。
これは、ひとつの職場で得られる知識に限りがある場合、より新しい治療法や方法を目指して自分を高めていくことが出来るからに他なりません。
長い目で見てより優れた医師になるためには、日々勉強が欠かせません。
そんな先生方ですから、進んで厳しい新しいフィールドに自ら乗り込んでいく人も多いのが現状です。

年収が低くてもよいという先生


その先生は、収入を上げたいと願うよりも、年収が低くても良いからとにかく技術をという典型でした。
非常に自分の興味に明確な判断を持っており、自分のやりたい領域はもう脳外科しかない、この中でよりよいところを探したい、という熱意あふれた先生でした。

しかし、有数の脳外科と呼べるところは、大変に人気が高く、そして大抵応募はあっという間に締め切られてしまいます。
しかし、最高の技術が身につくのであればまったく問題ないとその先生は言ってのけました。
実際に大学病院で卒後3年のキャリアがありますが、なかなか手術の件数を伸ばすことも難しく、思い切ったチャレンジをしたいといわれていました。

この話を聞き、コンサルタントはいろいろなリサーチを重ね、技術力、治療成績というところに重点を置き、脳外科の技術が集積した病院を見つけてきました。
年収もそれほど振るわない、しかし日本でそこ以上には学べる場所がないといえるような病院でした。
非常に特殊な体系の病院で研究色も強く、なかなかなり手がいなかったのですが、結果的に先生はこの病院に転職します。

就職後、かなり幸せな人生をおくりながら、日々技術の研鑽に励むことができ、キャリア年数を上回る経験が出来ていると喜ぶ話を後日お会いしたときに聞くことができました。

コンサルタントは世界を広げてくれる


よりよい環境を目指すためには、しっかりと情報を集め、そして比較して吟味していくことが大切です。
しかし、大抵の先生の場合、比較対象が圧倒的に少ないこともあり、また噂を信じて本当の状況を知らない場合もあります。
こうした事態を少しでも避けるため、コンサルタントは自分の持っている多くの情報を元に、直接先生と話をさせていただき、そして多くを提案することができます。
特に強い専門性やニッチの狭い領域を志望する場合こそ、キャリアコンサルタントの腕の見せ所です。
情報を極点にまで絞ってうまくまとめることができるため、良い結果を生みやすいのです。専門思考の先生も是非コンサルタントに相談してみてください。